top of page

The Twelve Gods of Genesis

~ 十二神創世記 ~

世界という概念すら無かった頃、

そこにあるのは無だけであった。

​やがて一筋の光が現れ、光の中から一柱の神 - 始まりの神 - が現れた。

- 始まりの神 - は無を有へと変格をもたらし、

世の理を生み出した。

​その後、- 始まりの神 - が己の一部から

十二の神を生み出した。

​十二の神はそれぞれ十二の世界を創造し、

各々の世界を見守ることとした。

しかし、異なる考えを持っていた神々は

世界の均衡を保てず崩壊させてしまった。

見兼ねた - 始まりの神 - は、

十二の神に一つの世界を協力して創るように命じた。

 

世界の均衡を保つため、

十二の神に各々の役割を与え、

それを誓約として石に刻み込んだ。

~ 記述 ~

十二神創世記 序章

プレッジストーン - Pledge Stone -

bottom of page